読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

andymori

 

おはよーございます! はるです。

 

休みだー……!

 

今日はゆっくり休むぞー!!!w

 

ってことで、本日最初の記事。

 

ご紹介するは、

以前にも紹介したandymoriの1stアルバム

andymori

f:id:haru-garage:20160310092912j:plain

 

いや~~~……

 

わかいっ!!!!w

 

若いです、すごく(笑)

 

単純なコードの繰り返しで突き進むギター、

 

シンプルに瑞々しく跳ねるベース、

 

感情に任せたように荒々しく暴れるドラム、

 

そして、ただ叫んでるだけともいえるヴォーカル。

かと思いきや、優しい声でそっと唄う。

 

若さゆえの暴走。

 

ラモーンズに似た雰囲気を感じます。

 

演奏力の上達による浮遊感とループ感を感じた2nd。

この1stは、そんなもんとは無縁の、

シンプルにも程があるロックンロール。

 

なんだろう……。

青空の下、公園で聴きたいような。

清々しさ、心の解放を感じるアルバムですね。

 

渋谷とか原宿の路上で、

アンプを置いて演奏を始めたバンド。

 

何気ない普通のワンシーンだけど、

道行く人が徐々に足を止めて聴き入る。

気が付けば、数百人の人だかりができて、

みんな腕を振り上げて興奮してる。

 

そんな絵が頭に浮かびます。

 

なんか、日本で言うと、いろんなバンドの要素がありますね。

BUMP OF CHICKENっぽいし、

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの爆走感もある。

THE BLUE HEARTSのガムシャラ感と歌詞の青春さ。

それらを吸収して、昇華して。

andymoriの音が出来上がってる。

 

柔らかで優しいロックンロール。

オススメです!!