読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心躍る、冷たい音

 

最近……すごい疲れる(笑)

 

たぶん、知らないうちに心の中の余裕が無くなっていってるんだろう。

 

仕事は相変わらず楽しいし、

充実した日々を送ってる…………つもりだけど、

……年も末だからかな?(笑)

どこかで、気持ちの整理が付かなくて疲れが出始めてる。

 

こういう時は体調まで崩しやすいから、気をつけよ……。

 

 

というわけで(?)

今日のレコメは、

我らがSHERBETS

 

『MIRACLE』

 

f:id:haru-garage:20151229095102j:plain

 

SHERBETSといえば、

BLANKEY JET CITYのギター&ヴォーカル

浅井健一(愛称:ベンジー)を中心とした

オルタナティヴ・ロックバンド。

 

f:id:haru-garage:20151229095307j:plain

右から浅井健一(Vo,Gt) 仲田憲市(Bs) 外村公敏(Ds) 副士久美子(Key,Chor)

 

浅井健一自体、BLANKEY JET CITYを解散後は

SHERBETSJUDEAJICO浅井健一(ソロ)、PONTIACS

多くのバンドを結成して併走してきた多作な方ですが、

そんな中のSHERBETSとしても、2015年12月現在で

オリジナルアルバム10枚にミニアルバム1枚を発表し、

1月20日には

また新たに11枚目のアルバム『CRASHED SEDAN DRIVE』を発表予定。

 

今回ご紹介する『MIRACLE』は、そんな彼らの6枚目のアルバムです。

 

ジャケットを見ていただければなんとなくは感じるかと思いますが、

まさに“冬”なイメージ漂う、冷たい音のアルバム。

 

…………

 

……

 

かと思いきや、

「ふ、冬や……」と思うのは1曲目の“ICELAND BOY”だけ。

そのほかは、ベンジーの陽気さと楽しいこと好きが全開の

心躍る、うきうきするようなロックンロールナンバーが続きます。

 

中でも“見知らぬ橋”SHERBETS全体を見ても指折りに数えるくらい好き。

聴いてて楽しいし、嬉しい気分になります!

曲のラストにベンジーの「どっか行けよ」を喰らうも、

「やだ!どこにも行かない!もっと聴かせて!」としがみつきたくなるくらい(笑)

 

SHERBETSはどれも基本的にそうですが、このアルバムは特に

メロディが素敵すぎますw

 

一緒に歌いたくなるような、心地よく楽しいメロディの曲が多い。

あえて具体的に曲名を挙げてみましたが、本音は全部好きです(笑)

世間的にはあまり手放しで高評価されてはいない作品ですが、

SHERBETSで好きなアルバムは?」

と訊かれたら私はまずコレを挙げます。

 

晴れた暖かい日でも、曇りや雨で寒々しい日でも、

いつ聴いてもハマる。

ぜひ聴いてみてください!