読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の輝き

 

ふぃ~……

2連休はいいですねぇ。

ゆっくり休んで、ゆっくり買い物をして、ゆっくり音楽聴いて。

のんびりした時間が過ごせます(笑)

 

さて、今日ご紹介するのは

The Beatles

『REVOLVER』

f:id:haru-garage:20160217152012j:plain

 

やはりロックを語る上で欠かせない、

大基盤中の基盤的バンド The Beatles

聴いたことがない人はいないんじゃないんでしょうか?

 

ジョン・レノン(Gt, Vo)

ポール・マッカートニー(Vo, Bs)

ジョージ・ハリスン(Gt, Vo)

リンゴ・スター(Ds, Vo)

の4人から成る、世界的ロックバンドですね。

 

f:id:haru-garage:20160217152946j:plain

 

一応担当楽器を記しましたが、彼らは皆マルチプレイヤーのため

上に記した楽器のほか、ピアノやパーカッション、キーボードなど

様々な楽器をそれぞれ担当していたりしますので、

実質、誰がどれ、という確固たるポジションがないみたいですね。

 

 

この『REVOLVER』は彼らの代表作にして、最高傑作との声も多い名盤です。

 

テープの逆再生を曲に取り入れたり、インド音楽の要素を入れたりと、

何かと実験的なサウンドの取り方をしていますが、

一貫してロックンロール。

 

1曲目に炸裂するポールの激熱なギターソロに驚かされたかと思いきや

次の瞬間には優しく暖かなサウンドと歌声に魅了させる。

ホントに、ふり幅が広い。

 


The Beatles' Taxman

 

 

不滅のロックンロール。

これを聴かずして死ぬわけにはいきません。

まだThe Beatlesをちゃんと聴いたことがない、という方、

ベスト盤でしか知らない、という方。

ぜひ、一度聴いてみてください。

 

Revolver (Dig)

Revolver (Dig)