読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STEELHEART

 

こんにちは。はるです。

 

ようやく得ました休日……。

毎日いろいろな変化があって大変ですが、

頑張っているはるです……(笑)

 

さて、今日は、

“世界の超人の一人”を紹介したいと思います(笑)

 

STEELHEARTというバンドをご存知でしょうか?

1981年に結成された、アメリカのハードロックバンドです。

 

f:id:haru-garage:20160210105119j:plain

 

もう……いかにも、というアメリカン・ハードロックw

 

楽器隊全員の演奏能力の高さも折り紙つきなのですが、

なんといっても写真中央の人物。

マイク・マティアビッチの恐ろしい歌唱力が魅力。

 

オクターブを超える声域と、身震いするほどのテクニックを持つ、

まさに超人的なボーカリストです。

 

lowE~lowGくらいの超低音(しかも色気がヤバい……w)で歌っていたと思ったら、

次の瞬間、

hiG~hihiBを行き来する天にも届くかというほどの超高音を響かせる。

ただ、超高音が出るだけのボーカリストなら世界各国いくらでもいますが、

ここまで美麗な声質で変幻自在に声域を操る方はそうはいません。

曲を聴いていると、ボーカルが2、3人いると錯覚するほどです(笑)

そしてなんといってもそれぞれの音の響きがとても美しい。

天に与えられた才ですね……。

 

マティアビッチの歌唱力がよくわかる、代表曲といえば……

 

やはり、“She's Gone”ですね。

ボイトレにおいてミックスボイスの手本にもされています。


Steel Heart - She's Gone (Subtítulos español)

 

後半のブリッジで怒涛のごとく響かせるシャウトは、

鳥肌が立って仕方ありません(笑)

 

世界各国のボーカリストが目標とする、夢のお人。

それがマイク・マティアビッチです。

 

もちろん、ボーカルだけでなく楽器隊もとんでもない技術者ですけどね(笑)

マティアビッチが凄すぎて、陰に薄れてしまいがちです(笑)

 

“She’s Gone”含む1stアルバムの『STEELHEART』は

音楽作品として最高峰の名盤なので、

気になった方はぜひ聴いてみてください!

 

ちょっと異色にもみえる

8ビートのシンプルなロックナンバー

“Everybody Loves Eileen”もオススメ。(上記作品に収録)

 

Steelheart

Steelheart