読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコレートのほろ苦さとバニラの甘み

 

クリスマスですねえ……。

 

休みを取ったはいいけど、やることがない……(笑)

 

学生時代はパァ~ッと騒いだりしたんですが、

 

みんな就職して社会人となった今じゃ、都合が合わない合わない。

 

もちろんリア充規則違反をしている者もいますが……w

 

 

というわけで、虚しいシングルマンの私はブログを更新いたします(笑)

 

今回、ご紹介するのは、

 

go! go! vanillas(以下:バニラズ)

 

という若手バンドのメジャー1stアルバム

 

『Magic Number』

 

f:id:haru-garage:20151225164613j:plain]

 

バニラについては、

友人のオススメで知りました。

TSUTAYA限定レンタルのミニアルバムを借りて聴いて、もろハマリ。

 

肩肘の張らないロックンロールサウンドと、

最近の若手の傾向(甲高い高音志向)を汲みつつも、

どこかオールディーでシャガれた風合いも持つヴォーカル。

 

バニラズという名前にピッタリの、ポップ・ロックなサウンドは

非常に軽く、柔らかで聴き心地がいい。

パーティソングのような賑やかさの曲もあるが、しっかりロックンロールしてる。

 

系統としては、THE BAWDIESのライト版……みたいな印象ですかね。

正統派ロックンロールだけど、THE BAWDIESよりは口当たりが軽い。

 

どんな気分のときでも、気楽に聴けて、アガる。

コンビニに寄った帰り、ちょっと気紛れでバニラアイス買って表で食べたら

予想外なくらい美味しくてビックリ……みたいな(笑)

はるが飲み会帰りによくやるパターンですw

 

最近の若手バンドというと、

やたらテクニカルな演奏に、「女?」と聞き違えるくらいに甲高いヴォーカル。

中二病にもホドがあるくらいに甘ったるく説教じみた歌詞。

 

そんなバンドよりも、俺はバニラズに売れてほしい。……いや、売れると思う。

 

このバンドはこのままキャリアを積んで続けていけば、

5年後には日本を代表するロックバンドにだってなり得る。

そう思います。